永遠へ

組立は至って簡単、まずスタンドのみを組み立てて、それまでconcertinoが鎮座ましましていた場所へ設置する、
このスタンドにはスパイクが付いていないので畳の上にゴムを敷きその上に木版を置いて水平を出してみた、勿論
水平器を使って合わせているのだが、厳密に言えば水平器の感度の問題も有り、後は見た目に頼るしか無い、
見た目とバカにされる方々も居られるだろうが、見渡しの良い場所では水平器より見た目の方が頼りになるものだ。
水平を出した木版の上にスタンドを立てたのだが、concertinoの設置状態と出来るだけ同じになる様、四隅に銅板を
敷いて見た、本体はその後スタンドの上にそっと置いた、本体とスタンドはネジ止めでは無いので落下を危惧したが
なかなかシッカリと収まっている様で、よっぽどで無い限り落下する事は無いだろう、販売店が展示時に取り付けていた
ジャンパー線を取り外し、concertinoで使っていた自作ジャンパーを取り付けてみた、スピーカーケーブルもそのまま
流用したのは言う迄もない。

さて、早速ヤツを鳴らしてみる、もちろんこの時点では電気的にも機械的にも安定していないので、大した音は望めない
音は・・・concertinoより軽々と出てくる、しかし潤いを含まない軽さであって言わばドライな軽さか?これは電気的と言う
より、機械的に安定してくる毎に落ち着いて来るので気にしない事とした、エージングが進んでいない茫洋とした音の中で
解像度・分解能・繊細感の高さが垣間見られ、また情報量も多い様な気がする・・・ただこの時点では茫洋としており、
透明感や空間表現はあまり誉められたものでは無かった、concertinoに比べ若干のオーディオ的向上をもたらし、大幅な
音楽的下降が感じられた、カリカリにチューンされたconcertinoの為のオーディオチューンにはたしてヤツはどう対応するのか?

CDエンドレス再生でエージングを進めてみた。。。

音はドライな軽さから質量を伴ったシットリとした軽やかさに変貌してきた、勿論concertinoが重い音の出方をしたのでシステム
的には軽やかな方向に調整されているので、軽く音が出てくるヤツには軽すぎるきらいがある、これは後々中域に質量が乗る
様調整していかなければならない、解像度・分解能・繊細感の高さが聴き取れる時間が増えてくる、そして情報量も比べて
格段に多い、そして嬉しい事に以前より透明感が増し空間表現的にも奥行きが出てきた、concertinoでも奥行き「感」は有った
のだが、後方の楽器群の動きが曖昧で奥行きが有るとは正直言い難かったのだが、ヤツは後方楽器の姿もだんだん現して
来たので、ここでは奥行きが出てきたと表現しても良いだろう、音楽的には音楽のノリ・タメ的微妙な時間調整が出来ていない
し、ダイナミックレンジの差もあまり上手に表してくれない、しかし土壌となるべき場の雰囲気の鳴らし分けは出来ていて、元気な
音楽は元気に、静かな音楽は静かに鳴らしつつ有る。

まだまだエージング段階を出ないが、その間に調整法を考えてみる、希望としては中域音の密度をもう少し上げたい事、少し
音が好みより太くなってしまったので絞る事、ASCチューブトラップよりかなり背が高くなってしまったので音場上空方向への
広がりが減少してしまったのでそれを回復する事、音楽のノリ・タメを表現する時間を微調整する事、mf〜f等のの差をより
明確にする事、そしてconcertinoからの懸案事項だったのだが、音像を引き締める事、対策はケーブルチューニング・ルーム
チューニング等多岐にわたるだろう・・・現在、まだ音楽を聴いて楽しいのは残念ながらconcertinoに軍配を上げなければ
ならない。

今、訪問を依頼されてもこんなダメダメな音は聴かせたく無いので正直困る、一度訪問を受けた方なら私が書いている事の
確認にいらっしゃても良いが、ま、下の部屋の写真でも見て妄想を膨らませている方が楽しいだろう(笑)



2003年3月23日記

戻る