音楽を楽しむって?

 正直言うと音楽って昔から嫌いだったり苦手だったりするのだが、
って言うか音じたいも出る物が嫌いだったりするのが、今知らされる
ケロの真実(大苦笑
 いや好きな音楽や音も有るから、どこかで擦り込まれた嫌悪感なの
かもしれない、もう記憶に無いから、はるかな昔かもしれない。
 だから音楽に関しては取っ付きが悪い方、出来るだけ先入観を
持たないで素の状態で接しないと初めて聴く音楽には拒絶感情が
湧いてしまう、と言うか長年の訓練で嫌悪感を切り離した状態で
音楽を聴く事が出来るというのが真実か・・・。
 ってなわけで、私が音楽や音嫌いであるのを再確認した上で自分自身
どうなれば音楽を楽しいと感じているか考えてみた。

 まず、歌詞が私自身にとって思い入れが出来る事、これによりまず
外来語や外来語を翻訳した歌詞を持つ音楽は楽しめない事になる
当然歌詞がない音楽は楽しめない事になる(笑

 次に音色、これは説明するのが非常に難しいが中高域の声の表情を
左右する帯域が張り気味で尚かつ変幻自在で無ければならない、声楽で
言えばメゾソプラノの守備範囲が充実していなければならない、これは
歌詞に思い入れ出来る日本人歌手に多い帯域でもある、最近叫びっぱなしの
声に表情のない曲が多いが論外である(爆

 次に音量、これは掲示板で書いたり今まで色々触れてきたので邪魔くさい
ので書きたく無いのだが(←こら!)、全てボーカルに左右される、スピーカーの
手前に歌手が居る様な音量が望ましい、人間として発声可能な音量と想像
出来る音量で歌ってくれると尚良い、囁き声は囁き声の様に、張り上げた声は
張り上げた声の様に歌ってくれるのがベストである、これが出来無いとニュアンスも
何もないだろう、私には表情が無いのと同じである、残念ながら現在はシステムの
良く鳴る範囲で鳴らしているが、その内調整を進めて達成したいものである(苦笑

 次にタイミング、これが非常にわかり辛いと思う、と言うか殆ど体感的にも
思想的にも感じていない人が多いのでは無いだろうか、よく似た思想にトランジェントの
重視が有るが、それだけでは不十分だし、それに寄りすぎてもダメである、武道の
世界では良く語られるのだが、間合と呼吸の「呼吸」の部分である、音楽を演る者・
音楽を聴く者、誰もが知っているし感じているのに何故かオーディオを趣味とする者
からは聞かれた事は無い、絶妙なタイミングで音が出るのは聴いていて非常に
爽快なのだが、そういう調整を行っている人は・・・やめておこう自分自身の問題だ、
とにかくタイムドメインであってもトランジェントであってもそんな言葉はどうでも良くて
例え正確で無くても(正確で有る方が望ましいのだが)、立ち上がりが遅かろうと
早かろうと減衰が早かろうと遅かろうと、この絶妙な呼吸を再現出来れば自分としては
万々歳なので有る(謎爆

 次に音触、誤解を恐れながらビクビクしながら書くと、実の詰まった瑞々しい音触が
好きである、しなやかに柔らかい音から固い音まで瑞々しく再現してくれれば嬉しい
で、誤解を恐れてビクビクしすぎて書け無いのだが、どういう機器でも、デジタル機器
でもアナログ機器でもアナログ段が充実した機器の再生する音触はやはり安い音は
しないし聴いていて苛つかない(大苦笑

何かキリが無い様な気がしてきたので、この辺で一旦置こうと思う、
続きが有るかわからないが、一度まとめればあれだ・・・

若いねぇちゃんがその辺でヨガってくれるように歌ってくれればよかっぺ

という事になるのだろうか。。。

ダイアリに戻る