免許更新

今日は仕事が暇だったので休みを取って普通自動車運転免許の更新に行って来ました。
会社近くの門真試験場でも良かったのですが、マターリ電車で行ってみようと思い立ち
アクセスの良い光明池の方へ・・・うーん久しぶりだなぁ

さてさて、行くたびにシステムが変わっている試験場、今回はまず0番カウンターに向かいます、
今回はただ単に免許更新だったので、カウンター越しに免許証と通知ハガキを差し出すと、リタイア
寸前の年齢に見える係員がサクサクと機械に免許証を通し、免許証表裏がコピーされた用紙(1)が
出てきます、そして簡単な道順を教えてくれたりします、言われた通りに1番カウンターに向かうと
ここは証紙売場、免許証・通知ハガキ・用紙(1)を差し出すと、証紙代と引き替えに証紙を貼り付けた
用紙(2)をくれます、この用紙(2)には名前・生年月日・性別・電話番号を書き込み、裏の問診の該当
項目にチェックを入れ3番コーナーへ、3番コーナーは適正検査所、ここでは免許証・用紙(1)(2)を
提出します、通知ハガキはお役ごめんです、適正検査所は主に視力測定をするのですが、侮っては
いけないのが、受け答えがシッカリしているかもチャックしているみたいです、聴力検査も行って
いるのでしょうか?どこかの爺さんが「運転するときは遠近両用眼鏡じゃ無いといけないよ!」と
怒られているのも聞こえてきたりして(笑)ま、返却された用紙類を持って免許証と共に10番カウンターへ
ここでは用紙と引き替えに写真撮影(講習)時間と場所を書いた用紙(3)をくれます、ここまでは
優良運転者区分でしたのでサクサク終わってしまいます・・・

が、サクサク終わった手続きに反し写真撮影時間までの長い事、だいたい1時間弱待たされますね、
時間が来れば名前を呼ばれ写真撮影→指定された講習室へと向かうのですが、優良運転者区分の
人は30分ぐらいで講習が終わってしまいます、と言いますか、新しい運転免許証の発行が終われば
サクサク終了してしまうみたいな(爆)

講習時間は当然、噂のビデオを見せられるのですが、これがなかなかの優れ物、衝突音を効果的に
イコライジングして見る物をハッとさせます、不自然な程、それまでの解説より録音レベルが高いです
映像の方も映画を見るより衝撃的♪減速無し回避運動無しで車が衝突する様は疑問を覚える程(笑)
クラクションを鳴らして減速・回避しないバカなんかは私的には一生欠格でしょう、って言うか生きているか
どうかわからないのですが、右折ラインが渋滞しているのに無理矢理右折して直進ラインを封鎖して
しまったタクシーも論外、一生欠格決定、その他ここに映る運転者達は殆ど一生欠格でも良いぐらい
です、ま、それくらい不自然な映像でした。

そうこうする内に免許証が交付されるのですが、ゴールドクロスを纏った私は颯爽と講習室を後に
するのでした(爆)

ダイアリに戻る