いーかん!

聴感で直角交差位置から、もっと良い位置は無いかとSPを動かす事2日、
どうも良い方向にいく気配が無いので、また本日直角交差位置に戻す。

好録音物は良いが、J-POP'sのボーカルが思うように立ってくれない・・・
J-POP'sの薄ぺらさが見事に露呈した、この音は私的には正直ダメダメ。

うーん、思い通りにネジ曲がらない、膨らんで密度が下がるってのは気にいらんなぁ、
もっとボーカルの口が締まって密度の上昇を見なければオチオチ音楽も聴いてらんない(笑)

システム的に、あまり弄くると音色やバランスが崩れてくるので、ここはルームアコで
何とかしたいところ、若しくはタップのコンセントを前回書いた様にワッタゲートに交換するか。。。

別にボーカルの口が広がっても密度がグッとのってくれれば今のところ良しとするのだが、
どうすべ?プリアンプの電源部と操作部の間にゴム以外の何かを挟んでみるか・・・

と、他に流用を考えていたアコリバのスパイク受けをインシュレーターとしてゴムの代わりに挟んでみる

む?何か少し密度が上がった様な気がするぞ(爆)
音が少しずつ変化している様なのでプリアンプとラックの間は明日でも試してみるか。

こうなりゃ薄くなる要素を一個一個潰してみるかなぁ?
パワーアンプの電源に使ってるS/AのHH3.5(切り売り)をやめてAETのGAIA辺りを使ってみようか、
プラグもハッベルからワッタゲート辺りに変えると面白いかもしれない。。。

ダイアリに戻る