更新していないわりには

更新していないわりには思いの外アクセス数が多い(^^;;;
少々強迫観念を抱きながらネタを探してみる、、更新宣伝をしていない日記を書いてお茶でも濁しておこうか(笑)

先日audiolikeさんが訪問いただいた少し前の事、SPの位置を微妙に動かしてしまい音の密度の低下に「どうした
ものかと」思案を巡らせていた、ケロ特製ジャンパーケーブルを付属のジャンパープレートに戻せば確かに密度は
出るのだがツイーターとウーハーの繋がりに少々不具合が残る、そして中高域以上の伸びが悪い、そこでプレートを
取り付けたまま特製ケーブルを接続してみる事とした、結果密度が高いままツイーターとウーハーの繋がりが良くなり
中高域以上の伸びも改善された・・・しかしである、密度が高くなったのは良いのだが何かバランスが悪い密度の出方
である、具体的に言うと中域〜中高域のエネルギーの高まりが低く私好みで無い、散漫に聴こえるのである。そこで
以前借用し効果の程を確認したローゼンクランツ製インシュレーター「PB-カズン」のパワーアンプへの使用を思い立ち
購入の為ポッケをまさぐってみた・・・残念ながら私のポッケは「魔法のポッケ」で無く、使えば使った分だけ減っていく
さらにいつ使ったかわからない内に減っていく普通のポッケだった(爆) カズンを6個買える程の金額は残っておらず
かろうじてWOODBOY黒檀が6個買える程の金額しか残っていなかった、私は泣く泣くカズンと同形状で材質だけが
違うWOODBOY黒檀を購入してみた。 早速パワーアンプのインシュレーターとして使用してみたのだが、財政難の為
カズンのかわりに購入したにしては非常に面白い、まず同音量での音場が当社比2まわり程大きい、そして響きが
嫌になる程多い(爆) 残念ながら音に真鍮の鳴きを相当残していたのだが(IKEROさんがクロスオーバー付近の歪み
と言ってた部分)これが見事に抑えられてしまった、この歪みは今のところ戻ってこない。。。さて、嫌になる程多い響き
だが、私は2、3日もすれば整理されて安定するだろうと(実際木材系は私のシステムでは、この様な挙動を示すので)
目算していた、案の定数日もすれば響きは整理され音像をある程描き出す感じになってくる、密度のバランスは思った
程改善してくれなかったが、初訪問の方には微妙なのでわかるまいと(←悪党!)そのままにして訪問日を迎えたわけ。
さてさて、今回完全には復旧しなかった密度バランスの悪さと無くなってしまった真鍮の鳴きだが、どうしたものか?
プリアンプのインシュレーターを少し考えてみるかなぁ。。。

ダイアリに戻る