IKERO邸屋根裏シアター襲撃の巻。

てな事でトントン拍子に話がまとまりIKERO邸屋根裏シアターを襲撃してきました。

いつもの通勤道を少し逸れるとIKERO邸は有りました、待ち合わせた場所で電話を入れると
IKEROさんはにこやかに駆けつけて下さいました。
見慣れた町工場が林立する中のガレージに車を止めると、そこからは徒歩でこれまた大阪らしい
路地へ進みます、何か20年ぐらい前の大阪を見ている様でホント懐かしい感じがする場所です。

「とりあえずコーヒーでも」って居間に通されました、若々しいお母さんに出していただいたコーヒーを
飲みながら談笑していると、FMラジオ放送がが流れているのに気付きました、ふと傍らに目を移すと・・・
絶句、一瞬腰の力が抜ける景色がそこには有ったのです。
それは!
マークレビンソンのプリ・ジェネシスVで鳴らされるFM放送!
「おい待てよぉ私はEADとかHNTしか聞いてないよぉ〜」ってな感じだったでしょうか、聞くとお兄さんも
同じ趣味を持っているらしく、どちらかと言えば、兄はピュア・弟はAVと棲み分けられておられる様です。
もちろん境界線は曖昧だそうですが(^^)

さて腰の力は入らなかったのですが早速屋根裏シアターへ案内していただきました。
屋根裏と言えど天井は確かに低いですが床面積は相当なもの、正直羨ましい横幅が有ります。



使用機器は以下の様になっております。
MAIN SP NHT model2.9
CENTER SP NHT Audio Center2
REAR SP NHT SB1
DVD ジェフ風 SONY DVP-NS900V+CINEMATRIX SCALOR BOARD
AV PRE EAD TMO
L,C,R POWER NAKAMICHI PA-7を1CHに1台
L,Rは、パッシブ・バイアンプ駆動
REAR POWER NAKAMICI PA-50
SUB YAMAHA YST-800
PJ SONY VPH-1252QJ
SCREEN OS WHITE MATT 80'(4:3)



さて私が一番見たかったJEFF風SONY-DVDPでCDを演奏します。
ウォーミングアップにIKEROさんがよく聴くソフトを何枚かかけていただきました、J-POPではドリカムが非常に良い感じで鳴ってます。
音場が非常に広く奥が深く定位も申し分無しです、音色は少しクール目で美しく、音触は非常に柔らかで刺激音が全くしません。
言わばカラフルなパステルカラーな世界が展開されています。
少し気になったのは情報量・解像度は優れている様に思えるのですが、何か音に霞がかかった様で生かし切れていないなぁって所
ぐらいでしょうか、ここまでのセッティングを施していながら、この霞は意外でした。

斉藤由貴の「予感」を収録するオリジナルアルバム「チャイム」とベストアルバム「YUKI's BRAND」での音質評価に移りました、
これは音の立ち方からなにから全て「チャイム」の勝ちだったです、日頃から感じていたオリジナルアルバムの優位性を他者のシステムでも
感じられたのは非常に興味深い結果でした。

IKEROさんが興味の有った電源ケーブル取り替え試聴に移ります、EADの付属ケーブルから私の持ち込んだ
オーラルシンフォニクス(ML-Espresso)、ワイヤーワールド(ELP・SEP)です。
 まずはEspressoです、霞はすぐに取り払われ中域を中心に濃く柔らかいしかし狭い世界が展開されました、勿論エージング不足なので
音数がかなり少ないですが私には聴き慣れた安心感のある音です。
 次にELPです、一聴してIKEROさんはいかされたみたいです、これも霞は瞬間に取り払われました、音場の広さは少し拡大し温度が少し
上がり何よりも音の輪郭がしっかりし密度が上がったのが見事でした、見通しも良くなりIKEROさんは即購入を決めたぐらい大満足です。
私的には温度が上がった事、しっかりした輪郭の為に空間への音の溶け具合に段差が付いたのは少し残念でした。
もちろん段差の件はエージングが進めば少しは解消する部類なのですが。
 次にSEPです、ELPに情報量・響き・美しさの増加と低域の締まりを与えた音が出てきました、しかしこれはエージングのせいでしょう
音が散漫なのです、それに高域の木目細かな表現がなされていません、ELPにやられていたIKEROさんはすぐにELPに戻してしまいました(笑)



さてなんやかんやでELPを付属のケーブルに戻すのを忘れて音楽を楽しんでいますと日も暮れて来ましたので大画面視聴とあいなりました。
このプロジェクターが非常にデカイ!私的には半畳ぐらいの大きさが有るのでは無いかと思うぐらいの大きさ!

まずは斉藤由貴のLD「MOONY MOON」から「迷宮」をこれが非常に良い!画の方はVHSレベルのモノ(記録が)でしたが、その色はゾクゾクさせるものが
有りました、斉藤由貴の肌が艶めかしくてたまりません!それに音も非常に滑らかで美しく暫くは声がでませんでした。「CDでもこの音が出れば上がりが
近いのに」と思ってしまいました。
次に浜崎あゆみの「A-clips1・2」を 画の方も音に合わせてクール目な色です、我が儘言って少し濃くしてもらいましたが私はもっと色温度が低い方が好き
かなぁ・・・。ただ私の中に評価基準が無いので何も言えなっかたのは申し訳なく思っております。
もっぱら音の方を聴いていました、、低域がボンつくのが気になると仰っていたので「Boys & Girls」で私の満足するボーカルの音量まで音を上げてみました
確かにエレキベースがボンボン鳴って部屋が飽和してしまいます、ウーハーが大きいのもJ-POPには考えものだなぁと、人の迷惑を省みず納得している私で
ありました(^^;;;
5.1chの方も聴かせていただきました、何故かこちらは音場は狭いのですが密度が高く実在感の有る好みの音がしていました、やはりSPが増えると面白い
ですね!

最後に近場で夕食を取りながら談笑してお開きになりました、屈託の無いIKEROさんのお人柄と聴き疲れしない音で楽しく過ごさせていただきました。
また良いソフトが入りましたら襲撃しますので宜しく!

あ・・・うちに襲撃来るのが先だった(^^ゞ
IKEROさんには聴き疲れ・見疲れする濃いーシステムでお待ちしております、、いや少し聴き易くしておきます(爆)

ダイアリに戻る