漁夫の利。

私は隠れる事無く喫煙者だ、嘘偽り無くタバコを毎日吸っている。

こういう本当の事を書いてしまうと、ある国家権力からいわれもない迫害を受けたりするものだが
ま、ここはヒット数も少ないしヒットしても読む人も少ない、重ねて体制に何の影響も無いので心おき
なく日記を書いてしまおうか(笑)

さて、権力者は自分の権力を脅かされない為様々な手段を使う、例えその権力が小さくともそれを守る為
様々な策を弄する、今回の日記はそんな小さな策の一つについて私なりの見解を。

最近またもや社会的に持ち上がっている問題としてタバコ害問題が有る、これは極最近では条例での
「歩行喫煙禁止」であったり・・・本日もあるニュースを耳にした、それはタバコが社会に為す損失を試算すると
十数兆円の損失になるそうだ、これがどういう事がわかるだろうか?日本という国の国家予算が80兆円にしか
すぎないのにその10パーセント以上を喫煙の為に無駄に浪費していると言うことだ(勿論比較する部分も単位も
少し違う事は承知している)。とにかく国家の富を喫煙の為に浪費していると言う事を理解して欲しい。いやこれが
彼らの言い分で有る、で彼らの目的は何か?これは今までの経緯からタバコ税のアップは明白である。
・・・これは少し違うのでは無いか?損失試算のもととなる物は健康被害を試算し数値化(金額化)したものじゃ無いか
それなら健康被害を第一に食い止める対策をとるのが本来の民主主義的公共の福祉を目的とした政策では無いのか?
極論すれば国民の健康を守り富の浪費を防ぐ為、麻薬等と同じ様に「喫煙の禁止」を法制化するのが順当なのでは
無いだろうか?何故それをしない?タバコ産業に関わる者達の生活基盤の為?それは言い訳だろう?
実際は国家予算税収の10パーセント近くを占めるタバコ税にかわる収入源を考える能力がないだけであり、タバコ産業から
もたらされる賄賂が捨てがたいだけであり、合わせてJTという天下り先を失うのが嫌なだけじゃ無いのかい?
これら甘い汁を失わないで世論の非難を他の部分に向けるにはどうすれば良いか?それは御存知の通り愚な国民を仲違い
させるのが一番簡単である、例えば副流煙の被害を過剰にアピールすれば喫煙者と非喫煙者との摩擦を簡単に引き起こせる
そう、対象が具体的で有るほど感情を発露しやすいのである、とにかく非喫煙者に被害妄想を植え付け・・・絶対悪として
喫煙者を位置づける事により、自分の甘い汁を確保しながらも世論の非難を他方に向けさせる・・・という事である。
いやこういうやり方を非難しているわけではない、愚民から絞り上げた甘い汁を私にも少し吸わせてくれってことで(爆)

ま、こういうやり方を行っている奴らは道徳的には疑問符が付くが、非道を行っていると理解しながら非道を行っているので
思考能力的には普通の人間である様に感じる、人を非難しながら同じ事を行っている思考能力が停止・無い人間も・・・
やはり存在するからなぁ。。。

ダイアリに戻る