今日のお買い物

ミニ・ソネックス導入でボーカルのセンター定位や一次反射の低減等、一定の効果を上げていたのだが、
ボーカルの潤いが減少する・中高域以上がキンつく・音の繋がりが悪い等思わぬ副作用が発生した。

ちなみにミニ・ソネックスを貼った場所は右SP側の壁に一枚、右SP後ろ壁に二枚という塩梅だが、これは
もともと右SPの方が壁に近い、左SP後ろ壁から部屋の中央付近まで窓が有りここにカーテンが掛かって
いた為音が吸音され、カーテンの無い右SP後ろ壁が全反射面となっていた為、バランス取りを考えて、また
試聴の結果こういう配置になったのである。

さてミニ・ソネックスの少ない面積で急激に吸音を行った結果どうなったか?これは上記の通りである、
音の繋がりが悪いので有る。またミニ・ソネックスの吸音キャラに拠るのか中音域付近が思いの外吸われ
ボーカルの潤いが減少し、ASCの中高域全反射のみが突出する状態となってしまっていた。

女声の中高域がキンつくのは好みであるのだが、また音が固めになるのは好みの範疇で有ったが、中音域の
潤いの減少や音の繋がりの悪さはいかんともし難く、SP後ろ壁の一次反射低減において脱ミニ・ソネックス化を
考えていた。

私の考えは安直で有る、SP後ろ壁の吸音状態を広い面積で均一にする事で有る。ならばどうするか?それが
今日のお買い物。SP後ろ壁全面に(実際はクーラーが有ったりコンセントが有ったりするので丈135cmの)カーテンを
設置する為DIYでカーテンレールとカーテンを購入してきた。

カーテンレールは1.6M〜3Mの伸縮自在タイプ、カーテンは1M×1.35Mを4枚、カーテンはまた陽の有る時間に
DVDを鑑賞する時光の通過が気になっていたので裏地有りの遮光に優れた物を買って来た。
・・・色は淡いローズピンクのチェック柄だ(爆)

さて音の方だが、繋がりは非常に自然、中音域の潤いもかえって来た。少し柔らかくなって定位も曖昧になった感も
有るのだが、これはルームチューニング材の導入で整えて行こうと思う。そもそも部屋に起因する音のバランスの
根本をルームチューニング材で整えるので無く変えてしまおうと思ったのが、そもそもの間違いかもしれない(^^;

さてお役ご免となりそうなミニ・ソネックスだが、こいつの吸音にはまだまだ使い道が感じられる、まずカーテンを
設置した状態で左SP後面の部屋の門で低音域がボンついている感じがしたので、そこにミニ・ソネックスを貼って
みた、ねらいは的中で有る、若干低音域のボンつきが低減され音場がスッキリしてきた。またASCチューブトラップ
より背の高い部分の部屋の角でも音の溜まりが感じられたのでカーテンの無い側壁にミニ・ソネックスを貼ってみた
これも音溜まりは若干解消出来た様である。

さて一聴した限りでは音のレベルで言えば低下した感が有る、極論すれば何も対策していなかった状態に近い(笑)
しかし今回は理由がある程度わかる音の悪さで有り、今後の対策も立てやすい・・・かな?

ダイアリに戻る