ネタか!ネタやろ!?

今日は沢山面白い事が有りました。
久々に感慨深い一日で、よござんした。

その1.和田じゅんさん
 
 ケロが毎朝決まって見るTV番組、それは関西ローカルの「おはよう朝日です。」
 宮根アナをメインキャスターに"和田じゅん"アシ、エレクトーン奏者"さくらちゃん"、着ぐるみ"おき太くん"、
 その他大勢の出演者で放送されている。
 この番組は2年に1度女性アシスタントの交代と、1年に1度日替わり女性レポーターの交代があるわけだが
 今日(3/30)は女性アシスタントの卒業日、番組の最後に花束贈呈と、お別れの挨拶がいつものように行われた。
 
 新アシによる、和田じゅんアシへの花束贈呈が厳かに行われたあと、いつものように。。。
 
 宮根アナ:それでは、和田さんに最後の挨拶をしてもらいましょう
 和田アシ:皆さん、私の事は早く忘れて下さい!
 
 おいおい、誰かフォローしたらんと、その意味伝わらんで!
 朝から外国映画やあるまいし、そんなドラマチックな場面でも無いやろ?
 関西人には、きっついぞ、そのネタわ!
 
 宮根アナ:・・・おいおい(汗)
 和田アシ:私、和田じゅんの事は早く忘れて、新アシスタント○○さんを宜しく御願いしま〜す♪
 出演者達:パチパチパチ(拍手)
 宮根アナ:それでは、良い一日を!
 
 ネタか!ネタやろ!?
 あまりにも出来レースで新アシの名前記憶出来んかったやないか!
 だいたいなぁ、朝からTV見てる"おばはん"に、そんなロマンチックなネタわかるかい!
 
 確かに、前アシ藤本志保の人気が高く、和田じゅんの影が今一薄かった。
 彼女が、その事をプレッシャーに感じていたのは否めない事実だろう。
 その事が顕著に現れた一幕、朝から良い物を見せてもらった。
 ケロは和田じゅんも気に入ってたのだが。。。

その2.A song for ayu
 
 久々に見たMステ、浜崎あゆみ嬢の御出演だ♪
 本日は視聴者からのリクエストを元に、思い出の曲も披露してくれるプログラム
 あゆは"M"と"A song for XXX"を歌っておりました。
 
 この"A song for XXX"すごく考えさせられた、
 どうせ昔の曲、たいした演奏は得られないだろうと思っていたのだが
 どうしてどうして鬼気迫る熱演で、かえって今の"あゆ"の感情が演奏にダブる。
 
 輪廻?原点に戻って来たのだろうか?
 それとも"あゆ"は気付いたのだろうか?
 
 昔"あゆ"はみんなといても一人ぼっちでした。
 だけど浜崎あゆみを演じる時、"あゆ"は一人ぼっちじゃ無いと感じられました。
 嬉しくなって、もっと頑張って浜崎あゆみを演じました。
 詩を書きました、曲を書きました、浜崎あゆみをプロデュースしました。
 
 だけど・・・一人ぼっちで無いのは浜崎あゆみであって、"あゆ"では無かったのです。。。
 
 本当は"あゆ"も一人ぼっちでは無いのだけどね。
 幼いうちに親から、あまり愛情を受けられなかった子供は、こうなりがちなそうです。
 
 妄想でした。

その3.コーナーチューン
 
 某ZAMA氏に、無理言って借り受けました(笑)
 で、音出しはまだなのですが、見たままのファーストインプレッションを(爆)
 
 はっきり言って、引越前までは部屋がデッドだったので、あまりルームアコースティックってものに興味がありませんでした
 当然、オーディオショップに行っても一瞥をくれるだけで、しっかり確認した事はありません。
 そんなことだから、コーナーチューンが届くまで、さまざまな妄想がケロの頭を駆け抜けます。
 吸音及び反射?
 それならきっと高分子材料と発砲アルミのハイブリット構造かもしんない、
 いわゆるボードだな、板や板、絶対!
 きっと音をまるめる為に、表面に布を貼ってあるのだな、
 となれば取付金具が必要だな、
 ちょっくら某ZAMA氏にメールで問い合わせてみるかぁ、
 なになに、付属のピンで隙間無いように貼り付ける?
 んな事無いでしょう(笑)、板なんだから、落下したら痛いじゃん
 ガムテなら数日もつかしらん。。。
 
 宅急便が届く。
 
 ん、軽いな?
 ま、発砲アルミは軽い物だし、高分子材料も比重の軽いもの使っているんだな、
 とにかく、開封してみよう。
 
 中から出てきたのは、京都名物生八橋!
 そう、あんこの入った三角のあれ!
 うそっっ(絶句)
 まんま生八橋!
 またはクルマ用の薄い座布団を対角線に切ったもの!
 オーイェー!
 間違った、
 オーマイ!
 あぁん?これが、あの値段?
 世界不思議発見!
 はっきり言って妄想が激しかった分、混乱しました。
 
 しばらく腕組みをし、思案したあげく一つの考えが・・・
 そう、これは知的財産だ、きっとそうだ、そうに違いない、そう思い込むしかない!
 
 速攻で某ZAMA氏に到着のメールを出し、
 生八橋は箱に仕舞い込む事にしました。
 
 だって、疲れたんだもん。
 設置は明日行う事として。。。
 

ダイアリに戻る