amber邸プチOFF(夏バテ的訪問編)

こっそりD/Aコンバーターをグレードアップされたり大々的に面白アイテムを導入されたりと、日々精進なamber邸に早くも夏バテ気味の体を引きずり
潜入してきました、無理言ってラーメンパワーで夏バテ知らずのミチさんも拿捕していただき御一緒していただきます、この御両人のオーディオにかける
パワーは見習いたいところです。

D/Aコンバーターの他は機器的に大きな変更はありません、機器詳細はamberさんちでどうぞ

クボテックの拡散ボード、非常にリーズナブルな
価格で部屋にイボイボを置く事を厭わない方には
非常におすすめ。
手作り拡散ボードと何かのアンカー(?)を
利用したケーブル吊り具、拡散ボードは
効果絶大だそうだ。
トルマリン粉を利用したマイナスイオン発生器、わかん
ない、これはわからないぞ(笑
スーパーツイータースタンドにはパワー
アンクル、蝶のように舞うらしい、パワー
アンクルを外した後はSRSも平気で避け
ちゃうぞ(謎

正午頃からスタートの為軽い食事を用意していただけるとの事、楽しみにしながらamber邸に向かいます、最寄り駅をおりたところでミチさんより
連絡有り、「ボキは食いしん坊で軽食では足りないので重く食事を取って行きます、遅れます」との事、ヨーロピアンなミチさんは昼食といえど
疎かにせずワインを嗜む様にスタイリッシュにラーメンを飲み干しているに違いない、結局amberさんの奥さんが作ってくれたお洒落な昼食も完食
してしまったのだが・・・たぶんamber奥さんも読んでいるだろうから、ここでお礼を・・・いつもいつも美味しい御食事有り難う御座います、また
お願いします!(笑

前回感じた球アンプ特有のトロ味が殆ど感じられず普通のアナログアンプのような感触、その代わりに莫大に増えた情報量を上手く料理して
透明な空間をキャンパスに音像の立体配置による音場感を綺麗に描いていきます、デジタル・アナログ関係無しに、ただただソフトに閉じこめ
られた音像の立体配置による音場を描いていくのが大きな変化点でありましょうか、音像自体の密度も非常に自然な感触で変な強調も感じ
られません、いかなるソフトにも揺るがない透明な音像と音像の間の空間にミチさんの「いい音になった、いい音になった」という呟きがこだまし
amberさんの努力の結果に華を添えるのでした。

基本性能の向上に的を絞って必死に調整されているamberさんの姿勢には、あっちヨロヨロ、こっちヨロヨロな私には頭が下がる思いです、結局
こういうバランス感覚が壁を突き破っていく原動力になるのでしょうね、センスは真似出来ないのはつらいなぁ(苦笑

さてさて実は今回も相互オフだったりします、amber邸がプチオフならケロん家は飲み会の前座オフなんですが今から逃げてしまいたい心持ち
です、前回からの変更点はケーブル一本及び部屋を飾り付けた事のみ、さてどうなる事でしょうか?スピーカーの間にテレビを設置するケロは
所詮いい加減で「ピュア失格」の烙印を押されるのでしょうか?(爆

ダイアリに戻る