That Done 4 U(2006.04)

 今年は花粉症がそんなに酷くならないうちに4月突入!うれしー!!我慢できる寒さがまたうれしー!!! さて散髪行って本屋寄ってなんてやってたら音楽時間が30分、「キビちー」なんて思わず全時間を中島美嘉のPV鑑賞にあてます、中島美嘉の曲で一番気に入っているのが「雪の華」なのは間違いないところですが曲を理解しないまま聴くと私のシステムで圧倒的なパフォーマンスをみせるのが「LEGEND」で、思わず息が止まったり、そのまま暫く息をするのを忘れて、スピーカー前方から視聴場所を越えて縦横無尽に行き交い充満する子供騙しが非常にたのしー!絵の方は何も聞かないでください、所詮液晶テレビなんで全く調整してませんから(笑 でも絵の善し悪しは分からないが表情の好き嫌いはわかるぜ(爆 時間があれば通して視聴したいけどなぁ。。。
2006.04.01記


 えぇ、その通りですとも、サボってますとも(逆切れ 笑笑 いかんなぁネット落ちしないように「短文でも良いから続けられるモノを」と始めた雑談なのに見事落ちてりゃ仕方無いですな(爆 日曜日は夜遅くまで飲んでいましたオーディオ関連以外で、月曜日は寝不足で寝落ちしてました、色々やらなきゃならない事が山積みなのに無理の無い範囲で作れた視聴時間が30分、無理すりゃもう少し作れるけど趣味如きで無理する事も有るまいし、こんな調子じゃ全てを音楽を楽しむ時間に充ててしまうので調整検討まで気がまわりません、オーディオマインドを高揚させる何かが足りないんだよなぁ血が燃えないので物欲も立ち消えるし・・・スゴイ音求めて行脚しなきゃぁ駄目かしらんっっって他人のスゴイ音聴いたってヤル気になった事無いんだよなぁ。。。
2006.04.04記


 今日ふと思ったんですが昔に比べて中高域の音の聞こえ方が違う、これはオーディオを聴いている時にはシステムの調整が進んだ結果だろうと気にもとめないのですが、テレビを見ている時もステレオ放送で中高域を流されると非常に広がって聞こえるのです、勿論オーディオの間に置いてあるテレビの音ならばルームアコースティックの調整に拠るモノとしてこれも「へぇ〜」ぐらいしか思わないのですが、職場の休憩室に適当に置かれたテレビでさえ非常に広がって聞こえるです、昔ならば有り得なかった事です・・・私の聴力が優れているわけでは無いと思います、仕事柄たぶん感度は普通より鈍いと思います、ただ単に注意深く聞き分ける癖が普通時に何の特別な意識無く行われているだけだと・・・私のシステムを私自身が聴く時、こんなに楽しく聞こえる音ですが、他の方はどう聞こえているのだろうなぁ、言葉で話していただいても極一部の範囲でしか無い事は自分自身が語る時痛感している事で、他者に乗り移って聴力を借りて一度聴いてみたいと叶わぬ夢を抱いております・・・不可能ですが(笑
2006.04.05記


 とりあえずやらなきゃなぁなんて思いながら、音にそんなに影響しないだろうしなぁなんて思いながら、何故か全然やる気が起こらない今日この頃、仕方ないのでここで宣誓しておけばやる気になるだろうか?(笑 とりあえずクワドラスパイアの4段ラックをスパイク買い足して2段ラックに分離しちゃいます、足下は御影石です、これで少し音場に変化が出る筈なのでルームアコースティックで調整してからPRE-MAIN間のバランスケーブルを選定します、まぁこれ程やっておけば湿度の高い季節になるのでエージングさせておいて秋頃には聴き頃かな?ってなんて気が長い話なんでしょう(爆 長く続けたい趣味なので無理のないようにユックリユックリと。
2006.04.06記


 オーディオを全く弄って無いのにオーディオに関する雑談なんて書けないのですが(苦笑 昨日家族協定によるオーディオタイム(〜PM10:00)が終わった後、仕方が無いのでケーブルテレビのリモコンをピッピピッピと押しまくっていたところ何やら犬コロのアニメーションをしていました、この犬コロが健気なもんで熱く友情を語ったり「漢(おとこ)」とは何であるかを論じたり意気に感じて涙したり人間の言葉(日本語)を話したりと無茶苦茶なんですが、もっともっと冷静に考えれば犬コロの知能は人間で言えば確か3歳児ぐらいなんて例もあり、ならば丁度サザエさんの登場人物であるタラちゃんとイクラちゃんの会話がこの犬コロの会話にあたるのでは無いかと思うのです、で、この通りに犬コロの会話を変換してみると・・・「おとこでちゅ〜」「ハーイ」・・・私がもっと冷静になって普通に生きるべきですな(爆
2006.04.07記


 やはり長らく音量を出してあげないと久しぶりに音量出して聴くと、まとまり無く荒くて荒くて(苦 あれだけ柔らかくてヘナチョコだったのが嘘のようです、ヘナチョコに隠された荒さが晒し出されたというべきか・・・まぁ、でも踏ん切りつきそうです、とりあえずやるべき事はやっておきます、今後環境が悪くなっていく一方なので色々な納期を考えると今シーズンの最後の調整ですね、勿論来シーズンは秋からです、湿度の高い夏はオフシーズンにしたいところです、それとも夏用に湿度に強いスピーカーを考えるべきか。。。
2006.04.08記


 少しずつ発注をかけてます、最後に残るのはPRE-MAIN間のケーブルなのですが、これはボツボツ試聴していくしか無いですね、特に癖を感じず性能が高くて値段が手頃なら後先考えずに決めてしまうかもしれません、昨日今日とオーディオ的な聴き方をしています、最近はDVDの視聴が多かったのですが、そしてそれなりに満足していたのですが、やはり聴き込むとWADIAで聴くCDの満足度は格段に高いものです、WADIAで聴いた後にPIONEERで聴くと物足りなく感じてしまいます、好みの差では無く値段の差15倍は如何ともし難いモノがあるかもしれません、ただこれといって気にいたユニバーサルプレーヤーが無いのでリプレイスする気は全く無いのです。
2006.04.09記


 今日は基本に戻って斉藤由貴オリジナルCD盤を聴いてました、あ、オリジナルってのはデジタルリマスターされたBOX盤じゃ無いって事で他意はありません、やはりバランスはオリジナルの方が良い、デジタルリマスターの方が音が良い筈なんですが自然さは断然オリジナルの方に感じてしまいます。こういう事をやっているって事はシステムの調整を進めようかという前準備と言いますか、最近音楽を楽しんでばかりで音のかたちに気を使ってなかったため再確認しているんですよね。とりあえずケーブル以外の発注は済みました、実はケーブルもある筋より試聴させていただける事になりました・・・あ、先にケーブル届くと困るなぁ(苦笑 忘れてたよ(大汗
2006.04.10記


 御影石キター!流石や石匠運慶!!しかし他のモノが届いて無いので部屋の隅に置いてあります、そうそう屋根裏からクワドラスパイアの棚板やポールを降ろして来なければなりませんね、だんだんモノが揃っていくのは楽しいです。音の方はそういう変化を示すのだろうか、基本的にはルームアコースティック改善になります、何故ならラックを2つに分割はしますが敷き台も同じスパイク受けも同じ・・・今の状態と殆ど変わらないのですよね、でも背が低くなったぶんスピーカーから来る音を邪魔する範囲が改善されます、ですからルームアコースティックです、ここを詰めたら電線で調整する事にしましょう。
2006.04.11記


 スパイク受けキター!初めてのカーボン系BDR!BDR!!しかし他のモノが届いて無いので部屋の隅に置いてあります、そうそう今日は色々雑用があって屋根裏から棚板やポールを降ろして来る事が出来ませんでした。それよりも最近気になっているのが野鳥の突然死、「デジタル地上波の電波が小動物の脳を電子レンジみたくチンしてんじゃ無いか?」なんて激しい妄想に身をゆだねてしまう今日この頃、それなら人間もヤバイって(苦笑 オーディオに悪いなんて言っておられませんね、デジタルは全て有線で光ファイバにすべし!なんて極論も出てきそうですね・・・無いか(笑
2006.04.12記


 スパイクキター!しかし実は先端部を他のモノに取り替えるべく注文中なのです、だからこれも部屋の隅に置いてあります、そうそう今日は久しぶりに音楽を楽しみたくなり時間を取ったので屋根裏から棚板やポールを降ろして来る事が出来ませんでした、私自身が駄目駄目なのでした(苦笑 まぁ週末を利用して模様替えをしてみます、それまでは報告する事無いですね。。。サブパソコンを組む必要性が出てきたのにこんな散財していて良いのだろうか。
2006.04.13記


 とりあえずケーブル以外の注文品が全て届いたので組み立ててみた

部屋の影響が変わったぶんのスピーカー位置調整・ルームアコースティック材の位置調整は行っていません、左右接続間違いが無いか接触不良が無いか等の確認はしましたが細かい聴き込みはまだ、だいたいWADIAの電源を落としたり畳に防音カーペットを敷いただけなので御影石が沈み込んで馴染むまでの時間が必要なのです、まぁ一聴した感じでは滲みが減少したのは確かです、なので見通しが少し良くなりました、これらはSC謹製スパイクへの交換・BDRスパイク受けへのオリジナル品からの交換が効いているのでしょう、まぁネックと感じている部分の交換が為されていないので現状の変化はさほど無い筈です、ルームアコースティック材の配置を見直して詰めていくしか無いでしょう、ただしネックとなっている部分が解消された時、爆発的な変化をもたらすかもしれません、色々見誤らない事が必要ですね。
2006.04.15記


 音像がエライ左に寄りよるもんで機器の電源入れ直したりしていたが少しも改善しない、それでスピーカー位置の微調整を繰り返すがあまり移動させ過ぎると1からやり直しになるので思案の上ルームアコースティック材を貼り直してみる事にした、じっと耳を澄まして聴いていると左側の反射が有り音圧が強い、かえって右側は音が消えて音圧が弱い、なので上の写真で言えばWADIAの後ろぐらいにあるASCサウンドパネルを取り外してみる、耳を澄ませてみれば音圧はだいたい整ったよう、まぁ正確に言えば左側は扉で音が漏れその向こうに空間が有るので引っ張られる感じはある、あまり最初から細かくやっても潰しがきかないので次に音像のフォーカスを合わせるためにスピーカー位置の微調整を行う、これはスーパーツイーターを取り外したままである、だいたいフォーカスが合ってきたのでスーパーツイーターを接続してスーパーツイーターのみの微調整でメインスピーカーとのフォーカスを合わせていく、だいたい合ってきたので次にASCチューブトラップの位置調整をして音の来る方向を音の有る方向に合わせる、若干右側にずれたが左側のASCチューブトラップの位置が狂いやすく、そのうち左に寄ってくるので今日はこれで良しとする、そんな事をやってました。
2006.04.16記


 そういうわけで今日もアルバム一枚分聴いていましたが、未だ見ぬケーブルが来るのを前提に調整されているため如何にも中途半端、ケーブルで引き締め過ぎを警戒して膨らみ気味でおいてあるのです、ASCサウンドパネルを追加せずに減らしたのもケーブルの品位が高いモノがくれば今よりは引き締めてくれるという事を期待しての事ですから現状若干中域が膨らんでいるのは仕方無い事なんですが・・・まぁ、ケーブルが引き締めてくれなくてもプリの電源にちゃんとしたスパイク及びスパイク受けでメカニカルアースしてやれば何とかならない事も無いです、が、もう少し違った効果を期待して足下を見直したい欲求もあり。そうそうそんなに買い替える欲求の無いPIONEERのDV-S747Aなんですが少しだけ困った点を発見しました、ケーブルの張力(重さ)で動くんです、中身に何か詰めて重くしてやろうかしら。。。
2006.04.17記


 時間が取れなかったので今日は調整お休み、ただ一昨日わかった事が一つだけあります、それは体力が充実していかにも聴くぞみたいな気分な時は大丈夫なのですが、睡眠誘導やまったり聴きたい時にはスーパーツイーターを外した方が心地良い音楽に包まれます、これが聴く気充分な時は物足りなく感じるのですから面白いもんです、スーパーツイーターのゲインをもう一段下げて損なった部分を他のやり方で補うような調整で妥協点を見つけるのが良いかもしれませんねぇ、今のゲインより上げる気は現在のところ全くありません、折角のガルネリなのにタンノイが出しゃばり過ぎたら台無しですもんね。
2006.04.18記


 あぁしまった、昨日は気分も乗らなかったので時間を作る気も無く調整休みだったけれど、今日は時間が作りたくても作れない日だったのだ、昨日気が乗らなくても少しぐらいは調整しておくベッキーだった。。。カナレにしてから少し気になっていた部分は弱音部分の解像度・分解能・モロモロで深夜BGM的に聴くと弱さがよくわかる、例えればその音を聴く為に5〜6db(synergy表示読み)音量を上げなければ音を形成しないこと、こういう事を言うとS/Nが悪いって事に短絡しがちだけど、そうでは無く、無音から音が出現する為に相当の音量が必要って事で、ピークに音量を合わせると弱音部分が無くなってしまい、弱音部に音量を合わせるとピークが音量過多になるってこと、この点は現在のオーディオに使われる現在のケーブルは流石で小音量でもある程度音を維持し続けるのです、そして大音量を出すやり方には現在のケーブルは必要無いかもしれないですが、せいぜい中音量迄で楽しむやり方にはおおいに助けになってくれる気がします・・・これもどこまでコダワルかだなぁ。
2006.04.19記


 なんとなく気になってカラヤン指揮モツレクの古いCDを聴いていました、モツレクはやはり涼しい〜冷たい感じの音の方が私的にはシックリきます、今の音は少し暖かすぎるなぁ、まぁそんな事はどうでも良くて根底に流れる「祈り」が随所に頭をもたげて私の心に突き刺さるので通して聴くと非常に疲れたりします・・・音は悪いけど音楽は良い。
2006.04.20記


 今週はお疲れモードだなぁ、ほぼ外気温下で働く私にとって、こう気温の上下が激しいと体力の消耗が激しい。こういう時はテレビをボーッと見ているに限ります、なーんにも考えない、さっきまで「たけしの誰でもピカソ」見ていました今週の副題は「5分でわかるモーツァルト」なんですが鈴木慶江さんが出てました、ふーん日本に来てるんだねコンサートとかあるのかしらん?さぁて、なかなかケーブルの試聴機が届かないのでスパイクタイプのインシュレーターでも購入して試してみようかなぁ、現用のAETあたりをもう一セット揃えてみるのも良いかもしれない。
2006.04.21記



はっぴばーすでーつーみー♪はっぴばーすでーつーみー♪はっぴばーすでーでぃあケロりんー♪はっぴばーすでーつーみー♪♪(苦笑
「自分大好きてんかりん♪」ならぬ自分大好きケロりんが設定上16歳女子高生から17歳女子高生に一つ年をとりました今年から高校2年生だお(苦笑 長い間忘れ去られた設定ですがたまには思い出してあげないとね。 さて本日は耳の方が絶不調、何を聴いても聞いてもイライラしてしまいます、こんな時にやめておけば良いのに「ボーカルの密度を上げたいな」と黒檀製インシュレーターを真鍮製インシュレーターに変えてみたもんだから冷静に判断すれば密度は上がったように聞こえるのですが余計イライラしてしまって本日は終了、明日は元に戻しているかもしれません、折角の誕生日ですから自分への御褒美に何か気の利いたインシュレーターでも買ってみようかなぁ(爆
2006.04.22記


 音楽聴いていたら気持ちよくなって寝てしまう、そんなお疲れさんな今日この頃仕方ないのでトイレ掃除してました、便器周辺や便座をトイレクイックルで磨き、便器内部はサンポール液をかけて暫くした後ブラシで擦り洗いします、古いモノなので時代感は有りますがとにかく清潔にと。。。まぁそんなこんなでオーディオ出来てませんがインシュレーター2種類の見積出してます、構造が似た安い方を買う予定です、装着してみて良ければ高い方も試してみようかと。。。おっとOFF会のお誘いが久しぶりに来てますね、楽しみですねぇ。
2006.04.23記


 ケーキやっと食べ終わりました、7号でした、テュラァテュラテュラテュラテュラテュララ♪ふーむ色々手を伸ばしておりますが停滞していますね、ケーブルが先かインシュレーターが先か、正直言って見た目の圧迫感からルームアコースティック材をこれ以上入れたくないので例え音が良くなるとしても現状維持で行きたいと思っていますし、やはり電線か足ですね、少し音のまとまりとしては散らかしたままですが音楽が楽しめないわけでも無いので事態が動くまで放っておきましょう、その間に本腰入れてサブパソコン組んでみましょうか。。。
2006.04.24記


 音色が淡いからプリ電源のインシュレーターを黒檀から真鍮に変えていましたが、やはり真鍮なりの音が乗りすぎるので新たにインシュレーターを購入してみる事にしました、モノは最近少し有名になったやつの最廉価版、ただ機構から言えばそのまんまだし、材質から言えばひょっとすると良い方向に変わっているかもしれないのです、試聴ケーブルは届く気配もありませんがインシュレーターは発注をかけたので週末あたりには届きそうですね、今回の様々な調整で音像がシッカリしてきたり音数が増えたりとオーディオ的に面白くなってきたので、もう少し進めたいですね。
2006.04.25記


 販売店から連絡が来て「発送予定だったが代理店の手違いで商品の確保が出来ず5月下旬になりますがいかが?」なんて事を仰るが、私がかんぐるに商品自体日本にサンプルしか無いに違いない、SCANTECHめもっとそれらしい嘘を付けばよろしい、少し気にさわったので小さな嫌がらせをしておいた、非常に安い商品だが「キャンセルせずに5月下旬の発送を待つ」と返事をしておいたのだ、数百万円の機器も一万数千円の機器も事務上は同じ手間、しかも一万数千円の為だけに運賃は使わないだろうからロット単位で注文している筈、売れ残れば大量在庫なわけ、大量在庫で叩き売りがはじまったら可哀想なので、もう一セット買ってあげる予定は未定・・・連休のオーディオ遊びは何しようか。。。
2006.04.26記


 電気的には何にもしていないのにルームアコースティックの調整も殆ど行っていないのに、ただ単にラックのスパイクとスパイク受けを変えただけで効果がこれだけ出ると驚き以外何もありません、この期に及んで知らない音が無いと思っていたソフトから新たな音を発見したり、低域の音程やリズムが正確だったり、他のソフトでも綺麗に分離してくれる部分が増えたり、とかなり良い事尽くめです、確かに音に包まれる感じは以前の茫洋とした音の方が出やすいのですが、今回あとケーブルチューニングとインシュレーターによるチューニングを終えてひとまずのオーディオ的一段落を見た後、また好みに合わせてオーディオ的デチューン(好み的チューン)を行おうと考えているわけで、とりあえず以前小さな音場で達成した見えるような音像の立体配置を今回の大きな音場で達成出来れば後は野となれ山となれで、今回の鍵は密度差と解像度だと思っているわけで、これはケーブルチューニングでかなり良い線いくと思っているんだけどなぁ。。。
2006.04.27記


 う〜んバランスが悪いなぁ、目立たなきゃならない部分が引っ込んで、目立って欲しく無い部分が出っ張って、どこが聴き所か全然わからん、ま、これこそがJ-POP'sらしい録音で正しいと言えるのだけど困るなぁ・・・どういう手が良いか考えなきゃ。
2006.04.28記


 何も手を加えてないので変わり映えしない音をBGMにして本などを読んでおりました、まだ途中までしか読んでないのですが、その名も浜村淳の語りの方が面白かった「ダ・ビンチ・コード」(苦笑 ケーブルもそろそろ届きそうな感じ、GW後半はケーブル遊び出来るかなぁ。。。
2006.04.30記


戻る