今回のOFF会シリーズ

沢山の連絡ミスを抱えながらも満身創痍で今回のOFF会シリーズは終了致しました、
シリーズと言うからには計3回開催したのですがマンツーマンに近く濃いめのOFFでした。
Dolonさん筆頭にamberさんaudiolikeさんESさんとお名前(hn)を見るとケロの満身創痍
ぶりは想像に難くないでしょうが(苦笑、まぁ何とか生きております、虫の息ですが(笑
参加された皆さんうちのような愚音におつきあいいただいまして有り難うございました。
連絡が漏れた皆さんごめんなさい都合が悪く参加出来無かった皆さん残念でした、
これからまた少し調整を進めたいと考えておりますが、調整中の音でも良いと仰るなら
お気楽にメール下さいOFFしましょう、と言いますか今回のOFFの後チューブトラップを
不注意で倒してしまって場所は戻っても音はどうも微妙に違うみたいです(笑、だから
今回と同じ条件は無いです、一期一会です(爆

さてさて、今回うちの音を聴かれた方もそうで無い方も、昔からケロを知っている方は
「音色音色言いやがって、いったいどんな独特な音色なんだよ?」と疑問に思われている
でしょうし、「MyFiMyFi言いやがって、いったいどんな個性なんだよ?」と疑問に思われて
いる事でしょう、今回お聴きになった方々はその内容を理解されたでしょうが、聴かれて
無い方の為に少し・・・音色、私にとって音楽を楽しむ為に非常に重要な要素です、しかし
ながら滅茶苦茶に周波数を弄くったバケモノのような音色ではありません、確かに中高域を
若干張らしてはいますが「私にとって一番自然に感じる音色」を重要視しているのです、
原音再生は目指していないのですが最低限違和感の無い音色になるよう調整しております。
誤解を恐れずに言いますと他者のシステムの音を聴くと音色に違和感を感じる場合が
多いです、しかしながら彼のシステムの音色は確信犯的なものは別として彼にとって
違和感の無い音色であろう事は(彼が認識しているしていないは別として)想像に難く無い
です、この差が出る原因は色々考えられますが、同じ音を聴いても聴き所が違う経験の差や、
もっと自分よりなところでは聴力特性が違うという事が有るでしょう、結局彼や私は彼自身や
自分自身を基準としているんです、主観しか無いのですからHiFiは有りえないのです、いえ、
MyFiなのです。今ケロシステムが奏でている音色、それは私の経験や聴力が捉えたもっとも
自然であるだろう音色に向かって調整した音です。

蛇足ですが「普遍的な音」という言葉の使い方に少し違和感を感じております、だって、
概念として好みの違いが有ってもいろんな音楽が楽しめる音(バランス)だと考えるのですが
そういう境地に達する調整を行える方やシステムは全オーディオファイルの中でも一握りしか
いないように感じますし、となれば私的には「特殊な音」と表現される方がシックリきます(爆

またまた蛇足ですが、うちのシステムの中央部に鎮座ましますTV様はステレオ放送が
かかるとシステムと同じ様な中高域の広がり方をして非常に面白いです、ケロの頭脳に
このような音場を感じる「道」が出来ているだけかもしれませんが、私なりに「部屋の響きも
聴いているんだなぁ」と思ってみたりします、だからこのまま引っ越しても絶対同じ感じは
出ないと思います、その部屋の音響を聴き取り自分なりに消化して、やっとその部屋に合った
微妙なバランスを持った音楽が奏でられるのでしょう。


ダイアリに戻る