amber邸遊び(新兵器編)

わたしんちとの相互訪問がなったamberさん、今回は「デジケー試聴するじょ」との事
なんで久しぶりにケーブル試聴を楽しみに行って来ました、本当はね、amberさんと
Lucさんの薔薇色な二人の世界だったんですが私が無理矢理乱入したわけ(笑

前回写真を取り忘れたので今回はちゃんと撮って来ましたよ!
ただーし、宴の終わりで色々食べ散らかしていたので全体図は無し(爆



あれれ、FASTのパワーアンプ撮り忘れてる。。。

さてデジケー試聴はamberさんの心の内って事で(現在試聴中なので先入観を与えないでおきましょう)
CDTがクレルからオラクルに変わった事、色々調整が進んだ事からの現在の音について書いてみましょう。

前回amberさん御自身が気にされていた澱みは殆ど解消されているようでした、ですのでより一層amberさん
らしい音が堪能出来たと思います、私的には「灯りを落とした部屋で暖炉の火をゆったりと見つめる」そんな
感覚で音楽に浸っていました、細かい事を言わずにこれだけで私的には多くの部分を説明出来たと思うの
ですがどうでしょう?でも少しだけ細かく書きますと、スピーカー迄の距離が非常に近く、もう一歩踏み出せば
中高域以上が泣き別れる微妙な位置、その為スピーカー間の角度が広く見晴らしは非常に良好、音像も
スピーカーの後方に配置されていくのですがスピーカーが近い為、音像が遠いという印象は有りません寧ろ
近いぐらい、前方方向の音は左右から包み込む事で認識出来ます、暖炉から漏れる光のように暖かくオレンジ
色の音が包み込んでいくんです、だからゆったり聴くJAZZは絶品!POP'sは穏やかな雰囲気ながら聴かせます、
最初この穏やかな雰囲気とPOP'sが結びつかず「難しいなぁ」と思いましたがamber色で色塗られたPOP'sも
これはこれで良いかと思い直しました、まぁ慣れてきて気にならなくなっただけかもしれませんが(笑 とにかく
高域方向に向かって非常にノイズが少ないアイソレートされた音調と言って良いのではないでしょうか、事実
殆どの機器がトランス経由おまけにスピーカーケーブルがMITですから、、聞き込む毎に味が出てきますね。

そしてアフターは今回も奥様の手料理による晩餐会、美味しい料理が次々に運ばれて来ます
酒は弱いが食いしん坊の私の事、最初の酒でロレツが怪しくなりながらもシッカリ全食味見していきますホント
卑しいたらっっ(苦笑、だって味付けが若者向けで美味しかったんですものー、amber一家に肥満体質な方が
いないのが不思議なくらいシッカリした味付けでしたよ(良い意味で)。で今回も食い散らかしたまま帰宅したの
でした、片付けくらい手伝えみたいな(ごめんなさい)。

amberさん素晴らしい音楽・素晴らしい料理有り難うございました。
ケーブル試聴の最終結果楽しみに待ってますよー!

ダイアリに戻る