ならば洋楽ならどうだ?

スミ・ジョーの圧倒的な歌唱力にJ−POPは聴けないと判断し、洋物のボーカルを聴いてみる事にした。
と言っても最近購入した、この2枚


Lisa Ekdahl の” Lisa Ekdahl ”




JACINTHA の” Autumn Leaves ”

 モアレは気にしない様に(^^ゞ


サブシステムでは疑問点有るながらも快調に鳴っていたリサさん、
声で芯を作らない部分の滑らかさと甘さは他の追随を許さないものあり。
メインシステムでは、どのように鳴ってくれるか楽しみ!
CDPにセットしスタートだ!
???
甘さも滑らかさも足りないぞ?
なんかスカスカになってしまった?
いや、実際メインシステムとサブシステムを隣に置いて視聴しているわけじゃないので、
記憶の上での視聴ではあるのだが。。。
サブシステムで「弱点だなぁ」と感じていた、
芯の固さと響きの少なさが見事に発露された演奏になってしまっている(大汗)
録音が悪いのかなぁ、曲の選択かなぁ?
それとも?


む〜ん・・・ホンマもん聴いたあとは何聴いてもだめか?
めげながらもジャシンタを聴いてみる。
こっ、これは?
十分聴けるではないかい!?
甘さも滑らかさもリサ以上ではないかい。
このCDもサブシステムでしか聴いた事なかったのだけど、
サブシステムでは、そんなに良いとは思わなかった1枚。
見事に鳴ってくれました!
声の芯から響きまでが連続していてとても綺麗、
声楽家に比べ幾分擦過音が混ざるけれど、これも実在感が増して、むしろ良い。
弱音部にも美麗な響きが乗り、テクニックも十分だ。
ジャシンタが甘いなんて聴いた事無いけれど、これは何故?


う〜ん・・・システムとの相性か?
それとも私の味覚が人とは違うのか?
前評判とは違う結果となってしまった(^^;
私の印象は以下の通り。

テクニック  :スミ・ジョー>>>>>>ジャシンタ>リサ
声の響き   :スミ・ジョー>>>>>>ジャシンタ>>>リサ
声の滑らかさ:スミ・ジョー>>>>>>ジャシンタ>>>リサ
声の甘さ   :ジャシンタ>>>スミ・ジョー>リサ

やっぱ、私の好みが人とは違うのかなぁ。。。




ダイアリに戻る