最初は大きな勘違い

今回手に入れたのがこれ

ま、見たらわかるようにスーパーツイーター「TANNOY ST-200」だ。
どこでST-100/200を見ても茶色いフェルトを敷いているので「真似しは嫌だなぁ」と思っていたのだが
付属品でこの茶色いフェルトが付いてきているので標準仕様で敷いてみた。

さて題名の「最初は大きな勘違い」なのだが・・・
現在ST-200を選んだのは「組み合わせた後の音がこういう風になるだろう」という目論見の上だったのだが
発注してから思い出した事が有る、それは私がオーディオに目覚めた頃、そう、ミュージカルフィデリティの
A2CDというCDPを手に入れた頃に遡るのだが、それに組み合わせるお洒落なスピーカーは無いものかと
皆さんがやるようにオーディオ雑誌を買ってきてペラペラと頁をめくり試聴に行く前にデザインの気に入ったのを
物色していた、その頃知っていた海外メーカーと言えばJBLやTANNOYぐらいだったので自然とそれらの宣伝に
目がいく、恥を承知で重ねて暴露するとJBLというメーカーのスピーカーはやたらサイズが大きい事をしっていたが
TANNOYのサイズがどんなもんかは知らなかった、ST-100/200の下にプレステージモデルが並んでいる広告を
見ては、これらがブックシェルフスピーカーだと信じて疑わなかったし、ユニットが沢山付いているわけでないこれら
モデル(今から考えれば同軸だから当然なのだが)に潔いシンプルさと鳩時計のような愛らしさを感じ「良いよなぁ」と
思っていたのだが、一番値付けが安いSTIRLINGでも一台24万円もする、いくらオーディオに目覚めてバブルに突入
しようとしていても2台で50万円近くもするスピーカーなんか買えたもんじゃない、泣く泣く諦めようとしたが、この
ST-100/200という丸っこいスピーカーでも部屋に置けば意外とお洒落じゃ無いかなと思い直した、これはセットで
24万円だから中古や展示品を狙えば何とか手が届くかもしれない、それに何か100KHzまで再生するみたいだぞ
新世紀のスピーカーだな素敵だー、なんて手に入れる気充分なのだが馬鹿は馬鹿なりに色々調べるわけで
ST-100/200だけでは殆ど音が鳴らない事に愕然としてみたり、キュートで可愛いスピーカーだと思っていたSTIRLINGが
あんな家具調の大きさを誇っているのをみて何か頭の中が真っ白になってみたりと、根本的に「大きな勘違い」を
していた事に気付く、非常に恥ずかしい思いをしたが「他人に言わなくて良かった」と赤面しながら売場を後にしたのだった。

さて読者の皆さんが興味の有るのは一にも二にも音だろうが、もう少しウダ話にお付き合いいただきたい。
私は今まで他者を訪問して「良いなぁ」とその場で思っても、家に帰って来て自分のシステムを聴くと「やはり
自分の音が最高!」と手前味噌ながら自画自賛してしまうのだが、スーパーツイーター搭載システムを聴くと
少し心穏やかで無い事に気付く、特にTANNOY ST-100/200を使っている音を聴くと心の波立ちが大きい事は
認めざるを得ない、ただ、これを自分のシステムに組み合わせた場合、大きくバランスが崩れる可能性が有り
再構築を強要される可能性が有るのを恐れ葛藤しながら購入を躊躇う事幾年月。

しかしながら出物を見つけてしまったのだ、少し不義理している販売店だったので見積を取っただけで
すぐに入金して購入を決めてしまった。

到着後ガルネリの上にすぐに置いてみた、ケーブルは数日接続する気はなかった、銀コート線を使った柔らかく
細いSPケーブルを物色してあてがってやるつもりだったのだが・・・やはり興味に負けてしまう、音の見極めに
エージングが必要で、一度組み合わせたら数日取り替え不可だと知りながら、昔使っていたオーディオクラフトの
ULXを切り出してガルネリからST-200へつなげてみる、設定は18KHzローカット89db能率。

おぉ、素晴らしい!思った通りの変化だ!!
全域で増す情報、明確になるアタックの瞬間、ふくよかさを失わずに引き締まる音像、深まる音場の透明度
表情豊かなボーカル、縦横無尽の音色の変化は圧倒的じゃ無いか!?と言ったら言い過ぎか?(笑
誰や誰や?スーパーツイーターから音がしないと言ったのは?
音を自然に感じる一番大事なアタック(音が出る)瞬間の高域成分が聞こえているじゃ無いか?
低い位置からクロスするツイーターには荷が重く出にくい部分がスーパーツイーターから出ているのだから
情報量の増加は当然だ、音の立ち上がりが鋭く流される事が無いからボーカルの滑舌も良く聞こえる
正しく無くてはならない装置、高域の減衰が急な為に感じるデジタル臭さも大らかに伸びてくれる為薄まる
J-POPを聴くには微調整が必要かと思われたが、これはこれで良い、非常に楽しいので暫くこのままに
しておこうと思う、また、飽きてきたら調整してみよう。

ダイアリに戻る