audiolike邸OFF(MIT編)

忙しさとやる気の無さでオーディオ趣味的に停滞してますが
audiolike邸へ一年ぶりに訪問して来ました(^^)

今回も写真を撮るつもりでデジカメを持参していたのですがアフターの
話が面白すぎてついつい忘れて( 苦笑 audiolikeさんのHPの方が詳しいので
使用機器その他はそちらを御参照下さい、前回訪問した時との主な変更点は
インターコネクトケーブルが全てMITにスピーカーケーブルがオーディオクエストに
等々ケーブルチューニングが多く、その他メーカー製インシュレーターの利用や
ミニソネックスの多用などアクセサリ系の調整が主です。

さてさて、MITのMI330plus2というケーブルを導入した時から大幅に変わったという
音場感や底上げ効果を主に聴き取ろうと久々のaudiolikeへ乗り込みます、確かに
音場感が全然違う、前回はホールの2階席からステージを見つめるような独特の
遠さが有り、ステージが近く出る筈のソースまではるか特に放り出された感じだった
のが今回は前に来るソースは前に来、後ろに行くソースは後ろに行きます、若干
奥行きの浅さと見通しの悪さを感じますが、これは前回が遠くのステージを見る感じ
でありこれが前方に平行移動して来た今回である気もします、私的にはこのように
見易い場所に音が来てくれたので前回より音の粗が見えてしまったりするのですが
audiolikeさんが全体的な底上げがされたと仰られるには前回にはいつも聴いている
方にしかわからない粗が有ったのかと思いました、粗の部分は頭の整理がついたら
改めて御本人に直接会ってかメールで話してみたいと思います。

さて大幅に変わった今回の音場感、どのような提示をしてくれたかと言うと左右スピーカー
あたりまでキッチリ音が出てきます、そしてスピーカーの若干下からスピーカーの若干上・・・
椅子に座った姿勢で言えば膝のあたりから顔のあたりの上下感を持って音が広がります。
前方を見つめた姿勢では壁しか見えないので私的には足元の機器類が気になり、
それが元で顔の角度が変わるのでしょうか、どうしても音場が下がって聞こえてしまうの
ですが、視覚に惑わされないように目をつむり聴いてみるとボーカル等は左右スピーカーの
天板を結んだ少し上に定位しています、勿体ないなぁと感じたのが耳の位置がすでに
スピーカーより上の位置にきますので、やはり音が下から沸き上がる感じがして高さ方向が
犠牲になっている感じがしました、一種の錯覚に近いですがツイーターとウーハーの間ぐらいに
耳の位置を持って来ると相対的に上に位置する音が増えて高さを感じやすいのではと思い
ました、しかしながら、audiolikeさん御自身がこの覗き込む感じが好みでしょうから好みの
問題としておきましょう、私は逆にスピーカーよりかなり低い位置で聴いてますからね(苦笑

音色的にはニュートラルでしょうか、色付けが少ないのでソースに含まれる温度の差異が
そのまま出力される感じがしました、ボーカル物を主に色々聴かせていただきましたが、
最近御執心のセリーヌ・ディオンは良く鳴るのは当然としまして他の歌手も気持ち良く歌って
ました、ジャズピアノも少しくすんだ感じで黒い感じを醸し出していましたし、グランドピアノは
豊かな響きを奏でて良い感じです、このあたりは何でも聴くaudiolikeさんのバランス感覚
でしょうね、変に偏ったバランスでは鳴らないですね(^^)

今回も夕食まで御馳走になりありがとう御座いました、また何かありましたら
OFF開催御願いします、楽しみにしています(^^)

ダイアリに戻る