S邸OFF(ネコchan編)


お目めが真っ白になってしまったのでケロが描きました。

♀4ヶ月にょ。

♂5ヶ月にゃん。
前回訪問したDolon邸最寄り駅を数駅手前で下りるとSさんの
デザイナーズ高級マンションが有ります、
今回はネコちゃん御披露目に呼ばれたaudiolikeさんにくっついて、
オーディオも聴かせていただきました。
御名前をお聞きするのを忘れたので仮に茶猫の方をaudiolikeさん
命名の「カンガルー」、白猫の方は丸くて可愛くて白い部分が綺麗
なので私が勝手に「ユキ」と命名しましょう(笑
と、いい加減な事も出来無いので(苦笑
茶色い子は"りう"(アビシニアン)
白い子は"みう"(スコティッシュ・フォールド)です。
名前を問い合わせたところSさんから子猫ちゃん達の画像も送って
いただいたので、ネコ好きな方はこちらからどうぞ、無加工でお送り
します(^^)
Sさんのシステムは
CDP:メリディアン 588
DAC:ステラヴォックス ST2-96/24
PRE:メリディアン 502
POW:ステラヴォックス PW1
SP:JBL S143

システムが設置してある場所はマンション間6畳程の部屋でしょうか、部屋は横使いで非常にニアフィールドです。
JBLがこの近さに有ると凄く圧迫感を感じますね、少し腰をずらせば足先でSPを突っつけそうな近さです、まぁ事前
情報で「小音量である」事を聞いていましたので、いきなり音圧で困らせられる事は無いとは思っておりました。
Sさんの現在のヘビーローテーションを聴かせていただくと最初の内はホーンとバスの「ちぐはぐさ」を若干感じました、
中域以上はSPの間にスッと奥まって定位していくのに低域が足元でドスンと来る、その間が無い為に感じたの
でしょう、しかしながら神経質さを感じさせず肩の力の抜けたリラックスした感じは非常に心地良く数曲聴いただけで
眠りに落ちそうに(笑、言わばα波発生装置というところでしょうか。この最初感じた「ちぐはぐさ」も曲をこなすうちに
馴染んでいき(機器が本格的に暖まってきたのでしょう)、Sさん自身「これを格好良く鳴らす為にオーディオを調整
している」と仰るNIRVANAを鳴らす頃には繋がりの良いバランスになっていました。店頭ではホーンの抜けとバスの
タイミングが合う音を聴く事の無いJBLですが、Sさんのシステムではホーンの抜けの良さを目立たせすぎる事無く
上手くバランスの良さ中に溶け込ませます、そうですね、見えないところのお洒落みたいな「粋」を感じました。
オーディオ的な聴き方をするより大らかに音楽を聴くのに適したシステムだと感じました、私の持っていったボーカルも
Sさんが常用する音量で聴くと、上手く聴きにいく感じが出てきて非常に良い感じです、一曲だけ音量を上げて聴かせて
いただきましたが、これは明らかにSさんのお好みでは無い音でしょうね。OFFを重ねる内に気が付いたと言いますか
私の聴き方はその人の個性を聴いている場合が多い事に気が付きました、折角その人の個性を聴かせていただいて
いるのに、そのバランスを崩す音量は果たして必要なのか・・・ま、そういう事を考えているので聴感上、その人の常用
音量かそれ以下で聴く事を心掛けております、ま、これは人それぞれで色んな聴き方が有って良いと思います。


Sさん、可愛い猫ちゃん達、先日は色々楽しませていただき本当に有り難う御座いました!
また機会が有りましたら是非とも遊んで下さいね(^^)


ダイアリに戻る