EK邸OFF(ML380SL編)

久しぶりに訪問するとこうなってますな、機器構成を以下に記します。

CDP:ML No390SL
UNI-P:GM EIDOS18
PRE:ML No380SL
MAIN:GM MMSR MONO2 EV
SP:Sonus faber Cremona

さてさて2日続けてOFFが開催されて、お馬鹿な私は夕食に釣られて2日とも出席したわけですが
「雪降ったよ雪!」 3月の昼間にこの密度で降る雪は久しぶりかもしれない、市内でこの雪の量を
見るのは久しぶりなのです、久しぶりの雪に歩みも軽やかに駅に向かったわけですが、数分雪の中を
歩いていると・・・さすがにウザイ、雪は見るだけで十分です体感するものじゃ無いですね(苦笑

音の方は相変わらず聴き易い音してました、終わり。

ってな訳では失礼すぎますので、少し真面目に書いておきます。
EK邸システムの現状はプリアンプ表示読み50辺りに音がイキイキと鳴り出すポイントが有り、これ以下では
少々物足りない感じがします、ですが、いきなり表示50以上で鳴らし出すと少々荒い感じが有り、機器が暖まる
までこの感じが続きます、表示45辺りで数曲アイドリングしてから表示50以上で鳴らすと荒さが抑えられシットリ
した感じで試聴出来る気がしました、さてさて、表示50以上の本調子の音はスピーカー周辺から背後に音場が
漂うように広がり中高域以上の音が非常に美しい音が出来します、元々軟調なベースが有るのですが、その上に
ソナス特有の艶の有る・そしてクレモナ特有の固めな中高域以上が乗っかって来ますので、EKさん好みの硬軟の
メリハリを感じさせる音となっております、このバランスはあくまでもEKさん好みでリアルかどうかは客観的には
述べません、主観的には視聴位置から絵画を眺める様な穏やかな音でした、少し拍子抜けしたのが前回散々誉めた
EIDOS18の音、中高域以上は非常に美しいのですが低域が有りません、と言いますか、下支えする低域が弱いので
ややもすれば安い音に聴こえる場面も有り、前回聴いた時に感じた手応えは(人様の機器なのに(苦笑)間違いだったかと
一人残念に思っておりますと、最後の最後にやってくれました、写真を撮るのを忘れましたが、UENO氏謹製の赤い
ジャケットが情熱的な見目美しいRCAケーブルを接続したところ足りない低域が補強され「あぁ、やっと音になった」と
「やはりEIDOS18は良いなぁ」と思わせる気持ち良いバランス、私より所有者であるEKさん自身がもっと強く感じたの
でしょう、UENOさんの「皆さん興味が有れば貸しといてあげるよ」との言葉に、IKEROさんの「では御言葉に甘えて」との
返事より早くケーブルをかっさらい大事に懐にしまい込むのでした(後日商談がすすめられEKさん所有になりそうです)
おやじ、良いと思ったら行動早いなぁ(苦笑 しかし、ここまで良くなったら誰だってそうする僕だってそうする(苦笑

EKさん2日間もおつき合いいただき有り難う御座いました、美味しい料理・聴き良い音、ほのぼのと穏やかに過ごせた
楽しい時間でした、今後もまた機会が有りましたら宜しく御願いしますm(__)m

ダイアリに戻る