祝百回記念ー(大嘘

今日のケーキはこれだ!

苺ムース!(笑
苺ムース!(爆

駅前のケーキ屋が前々から「TVに紹介されました」と宣伝を打っていたので今回試しに買ってみた
ムースの部分はヨーグルト風味、これが苺の甘酸っぱさと相まって微妙に良い感じ、正直言って少し
甘いが、これ一個で満足出来るから良しとしよう、ヨーグルト風味だとアッサリしすぎじゃないかと危惧
される方もおられるだろうが、そう、よく売っている生クリームの部分がヨーグルトクリームになっている
やつは私もアッサリしすぎて今一だ、だがこのケーキは生クリームの部分は生クリームの風味なので
心配する事は無い、食べている途中でどちらの風味も楽しめる優れ物だ、そして同時に食べたときに
何とも言えない微妙なハーモニーが奏でられる(爆・・・なんてな。

さてさて、間近に迫ったEK邸OFFに向けて今日はCDショップに出掛けて高品位フォーマットソースものを
数枚買ってきた。本当は最近お疲れなので癒し系を数曲聴いてEK氏御所望の中島美嘉を聴いて私の
持ち時間終わりとしたかったのだが、それはそれで色気が無いので少し元気なモノを混ぜてみようと思った。
DVD-AUDIOからは安室奈美恵の「181920」を選択した、例えドンシャリでダメダメなAVEXでも安室の声は
殺せまいと考えて購入したのだが、一面その考えは当たっていたが、ここまで音が良くてミキシングが悪い
冗談の様なソースが存在するとは・・・声をずっと失っていたのだが心の中に渦巻くものは
「こういう音でしか残せなかったAVEXの罪は非常に大きい」
という怒りだけであった、が、とにかくダメだしばかりしていても仕方ないので位相の狂わせ方が面白い
かもしれない曲を数曲セレクトして当日聴く事にした、次は期待のSACD優秀録音盤と呼ばれるモノ、
クラシック交響曲ものだ、聴き始めてすぐに気付く事は
「つまらない、自分にあってない・・・」
自分が自分のシステムでオケを聴くと、すぐにイライラしてくるのを忘れていた(苦笑
どうもダメだ、J-POPを貶す時は「可愛さ余って憎さ百倍」みたいなところがあるが、こういうオケものには
愛情も何も無いので貶しても言い掛かりをつけているしかならないので、これ以上やめておこう、盤名も
気に入って持ってくる人もいるだろうから書かないでおこう、こういう時いつも思うのが「歌と音楽」は違うの
では無いかという事、英語でも[song]と[music]を分けているところをみると人種が違っても違うらしい、私は
歌は好きだが音楽は嫌いなのかもしれない。。。

ダイアリに戻る