ビバ!健康!

”コロン”と出ました、石。
意外と粘ってくれました、約2週間も体内にいた憂いヤツです。

前々回、病院に行った時、膀胱の近くまで結石が下りて来ているのはレントゲン写真で分かったのだけど、
前回、病院に行き、レントゲン写真を撮った時、全然位置が変わって無〜い!
こりゃぁ長引くぞ!と思っていた矢先、一週間後には出ていました(^^)

で、経過を述べますと・・・聞きたく無い?(^^;

酷い血尿が出ました、当日は貧血気味で立ちくらみしました。

次の日、疲れが抜けきれず、会社から帰るとすぐに寝てしまいました。
夜中に目が覚め、急にトイレに行きたくなり、たまりにたまった長い尿を致していると・・・
尿の終わりぐらいに身体の奥からコロコロ転がる感じがします。
「え、うそ!こんな終わりに転がったら、まずいところで止まるやん!やめてくれ〜!」
「ギ!止まりやがった!」
何と陰茎内尿道で止まった感触が有ります、亀頭の下ぐらいまで引っ掛かりながら流れ、止まってしまいました。
「うぉ〜無茶苦茶でござりますがなぁ!」
当然、歩くたびに痛みが走ります。
内股で部屋まで戻りながら、
「あぁ是非ともすぐに流し出したい!」
もどしそうになるぐらい水を飲みました、しばらくして尿意をもよおしたので、内股でトイレに行きました。
意に反して極少量しか尿が出ません、少しだけ流れて痛みが増すばかりです。
「マズった〜!」
と思っても後の祭り、
余計内股になりながら部屋まで引き返すしかありませんでした。
ここまで来たのだから、チューブの歯磨き粉みたく、揉み出せるのではないか?
とにかく尿道付近をマッサージしてみます。
痛いだけ。。。
ここで計画変更、「ぐらぐらした歯をいじって痛みを増すより、エイっと抜いてしまえ」作戦です。
出来るだけ尿意を我慢し、尿道よ裂けよとばかり一気に噴出した方が、
痛みを積分すると少なくて済むのではないか?
とにかく、水をひたすらガブ飲みし、寝ることとしました。

翌朝!決戦の日です!
尿は思惑通りたまりにたまっています!
念の為、水をガブ飲みしました。
さて、放尿開始、下半身にグッと力を込め、一気に放出します!
「ギギギギギ!」
”コロン”
「ギ?」
「おぉ!出たよ出た!作戦成功!さすが俺!」
「ビバ!健康〜!」
幸いな事に尿道は裂けていない様です、尿も綺麗な色です。
感激のあまり私には、尿に虹の架け橋が掛かっているように見え、
また、雲の切れ間から光りが差し込む、まるでレンブラントの絵画の様に、あたりが明るくなった様に感じました。
「あぁ、健康ってイイよなぁ。。。」

結石はトゲトゲが沢山出た結晶でした。
そうまるで、小さいひっつき虫の様です。
白い固まりに茶色いものが付着していました、
茶色いのはたぶん血なのでしょうか?
あまりにも生々しいので画像は無しとします、希望者多数なら考えます。

しかし、こんなんが体内に有るのなら、あの激痛は理解できるなぁ。。。
この2週間かなり体力を消耗し、貧血になり、水太りですぐ汗が出るのですが、
とりあえず良かったです。
プーに向け6月フル有給なので、ゆっくり体調を戻したいと思います(^^)



ダイアリに戻る