現実と非現実

唐突に始まった訳ですが他意はありません。
既存ダイアリがCD購入日記なので、CD視聴にとらわれない日記を書きたいなぁっと(笑)
と言うわけで、こちらは好き勝手やらせていただきますm(_ _)m
読まなくて結構ですが、読めばネット人格で無いケロが少しは分かるかも?
それでは、はじまりはじまり〜。

で、現実と非現実ですが
ネット上で跋扈する人格に非現実感を私は抱いておりました。
例えば、よくTVで話題になる
「部屋に引きこもりネットのみに生き甲斐を感じている人々」・「ネット上にしか友人のいない人々」
なんかは、いつも「うっそでぇ!?ぜんぜんリアルじゃないやん!」というイメージしか無かったのです。
顔の見えない相手には現実感が湧きにくかったのです。
だから、いろんな掲示板を覗いてみても、何か夢世界のような感じがして。
ふざけ有ったり、罵り有ったり、語り合ったりするのを読んでも何か実感が湧かなかったのです。

昨年より某掲示板に書き込むようになりました。
最初のうちは、ネット人格ケロを使用し、非現実感を抱きつついろいろ話を書き込みました。
まぁ、ネットデビューに近い時期であり楽しくもありましたので、空虚な感じはしませんでした。
そのうち物の貸し借りをし、相手の本名・住所を知るにつれ、私の中の非現実感が崩れていきます。
薄れていくのでは無いのです、
非現実の為にネット人格ケロを作った訳ですから、当初コンセプトが崩れていくのです。
相手がリアルになるにつれ、
非現実では許される事(架空の世界での出来事)が、このままでは済まなくなって来るのです。
強調して言うと、月のクレーター模様を見て綺麗だなぁと思っているのが、実際頭の上に隕石が降って来るようなものです。

で、現実になるにつれ「こんな事、普段相手に失礼でやらないよなぁ」って事が2〜3ありまして。

某掲示板にたまに顔をお見せになる、つるつる甘々派の某氏に
御友人(魂の片割れ)艶々派の某氏の名前を使い(名前を騙るわけでは無いです)チャチャを入れたりしていました。
私にとっては非現実の艶々某氏ですが、つるつる甘々某氏にとっては現実であるわけで。
「あちゃぁ、これは失礼な事しているぞ」って思いが、現実感が増すにつれ大きくなってくるのです。
(艶々某氏は、チャチャで名前を使われている事なんて知りもしなかったでしょうけど)

艶々某氏の掲示板にお詫びカキコしようと思ったのですが、
内容がそぐわなさそうな事、少々荒れている事を考えまして、
御挨拶・お詫び&応援メールを打ってみました。
有り難い事に艶々某氏には快諾いただくばかりか掲示板へのお誘いをいただきました。

あぁ、やっぱり現実なんですね。
ROMるだけでは味わえない気分です。

ただ、このまま現実感のみが増大したら、ネット人格ケロはどうしたらいいのでしょう?
現実にソフトランディングさせるべきでしょうか?
難しい話ですね、ネット人格ケロが楽しいのですから。

とりあえず、新癒し系女優の写真でも見て、癒された気分にでもなっておきましょうか。
井川遥のイメージDVDジャケットより

このおしりが癒し系?

ダイアリに戻る