斉藤由貴/Ave Maria〜Who
(Re-mix Version)

もう少しクリスマスが近づいてからと思っていたのですが、どうやら今年も無くなったので。

クリスマスの定番ソングは何ですか?
山下達郎?今年はゴリラーウーマン?それとも・・・
ケロにはありません、
毎年眠る瞬間に「あ、今日、クリスマス・イブだった!」と思いだし、
次の日眠る30分程前に「あ、今日、クリスマスだった!」と気が付くぐらいです。
仕方なくごそごそクリスマスらしいものを とあさっていると
出て来るのはいつもこれだけ
斉藤由貴のCDシングル"Ave Maria〜Who"です。
まぁ、クリスチャンじゃぁ無いから別にクリスマスを祝う筋合いは無いのですが
「みんな祝ってるからワインでも飲むべ」と買って来てもコルク抜きが無いって感じです?

さて、ケロの好きな由貴ちゃんですが、言う事無いです(^^)
どんなに掠れ声で歌っても(ハスキーとは言えないですね)甘い芯が残ります
おんなおんなした甘さでは無く、
幼い甘さとでも言いましょうか、上品な甘さと言いましょうか。
中高域の艶っぽさといい、中低域のドキっとするおんなっぽさといい最高です!
高域のざらつきや、歌の下手さ(Jでは上手い方)はあるのですが、
そんなの、どーでもいいです。だって由貴ちゃんなんですから?

曲ですが、皆さん御存知"アベ・マリア"
評価するまでも無いでしょう、同じ様なもんです。
たああだ、バックコーラスに甘い柔らかいソプラノ使ってます、
はっきり言って由貴ちゃんなんか目じゃない程、上手くて良いお声です。
由貴ちゃんの各曲はこれらバックコーラスの鑑賞も醍醐味の一つでしょう
勝手に一人で思い込んでいますが。

これ以上書いても、贔屓のひき倒しになるのでこの辺で、
だって好きなもんどうしようもないじゃん(逆ギレ)




















え?今年のクリスマスが無くなった理由ですか?以下読まなくて良いです。
でも会話形式でレポートしてみましょう。

常務:もちもち、あの工事年末工事でやりなちゃい。
    もちろん機械停止期間最小でネ(はぁと)
部長:事業部での検討も終わって無いし、予算も取れてないっちゃ!
常務:基礎工事だけでもやりんしゃい!
部長:分かったっちゃ。ど〜んと任せるっちゃ(はぁと)

部長:ケロ君、年末工事やるっちゃ!基礎だけでも
ケロ:改造工事とリンクして基礎工事を行う為、コストアップはあってもメリット有りません
部長:やるっちゃ〜!!何が何でもやるっちゃ〜!!!
ケロ:そもそも改造前に基礎なんかやってしまったら、改造前機器に不具合が・・・
部長:やるっちゃ〜〜〜!!!

ケロ:エテ吉君、年末年始の電気解線結線頼みます。
エテ吉:基礎だけやったって意味無〜いじゃ〜ん。
ケロ:分かっているけど、部長及び事業部連中の常務へのゴマスリの為、犠牲になるのさ
エテ吉:今回も絶対どつぼにはまるじゃん?
ケロ:大丈夫!どうせケロ会社辞めるし(はぁと)

戻る