ニンギョヒメ/田中理恵

秘密兵器導入間近と言うことでダイアリの更新を控えていたのだが、まだまだかかりそうなので更新しておきます。
ま、その間にもルームチューニング系に手を加えていてヘビーローテーションのCDばかりを聴いて「おぉ、こう鳴るのか?」
なんて・・・なかなか新譜に手が伸びる事は無かったのが実状(^^;

さて田中理恵さんのニンギョヒメ
田中理恵さんは声優さんらしいです、上のジャケット写真の女の子「ちぃ」ちゃんの声を担当しています。
この曲はアニメ「ちょびっつ」のエンディングテーマで用いられてまして「ちぃ」ちゃんの声色とはそうとう違った声色で歌って
おられます(「ちぃ」ちゃんの声でこの曲を歌われても少し困りますが。。。)

私的には声色や曲の感じが辛島美登里さんを彷彿させました、いやテクとか声質の良さとか大差で負けてしまうのですが
唯一勝っている(?)のは声に若さがある事でしょうか、あと声優さんという仕事柄からでしょうか言葉が聞きやすいです、最近
のJ-POPSには言葉を軽視して何を言っているのかわからない場合が多いのですが、理恵さんのこの部分は非常に好感を
持てるものです、歌唱で少し気になる部分と言えばビブラートの効かし方がイマイチですね、この辺は歌手の方に譲るので
しょう、ま、念の為に言っておきますと、そんじょそこらのJ-POPシンガー並の歌唱力は有りますよ、そこに声優なりの声色で
の演技力が付加された感じでしょうか・・・正直声優さんが歌う歌って好きで無かったんですよ、何か取って付けた様な声色が
気になって・・・あと、あんまり歌上手く無いし、でもこれはJ-POPとして鑑賞に堪える出来映えとなっている様な気がします。

曲の構成、ミキシングの話になってしまうのですが、この曲をプロデュースした方はわかってらっしゃいますね、声優オタはこの
理恵さんの声が聴きたいんですよね、楽器類や打ち込みがそんなに声に掛かって来ません、好録音かと問われればJ-POPと
してはYESですね、ある程度のオーディオでもそんなに聴き辛い事は無いと思います。

歌詞の方は女性の方が書かれたんでしょうか(?)、女性らしい変な嫌味の無い(男性が書くとどうも男性が好むコビが入って嫌
なんですよ、書いた人には好ましいコビであっても聴き手には好ましいかどうかわからないんですもの)男性の色眼鏡を通さない
鮮度の高いものです、もちろんラブソング。

このジャケット綺麗ですよね、正直アニソンを買うのは気が引けましたがJ-POPS売場に有ったので紛れて買いました、知らない
方もいらっしゃると思いますが、この「ちぃ」ちゃんは昔のデータを無くした美少女人型パソコンです、これがうだつの上がらない
浪人生に拾われて物語りがはじまるんですが(街角で裸の美少女がうだつの上がらない浪人生に拾われるってネタに成る程
ありきたりな設定だな(爆))ま、原作がアニメに成る程の可愛らしさと物語を持っているので良しとしましょうか、私は雑誌で途中
迄読みましたが最終的にどうなるかは知りません。無粋な型のパソコンより美少女人型パソコンが有れば・・・欲しいかな(笑)
ま、興味有る方は精巧なダッチワイフにパソコン機器一式を組み込んでも面白いかもしれませんね・・・その行為自体も(爆)

戻る